電話メールメニュー
お知らせ
2020/06/03

発熱・感冒症状のある患者様の診療に関して(6月3日)

令和2年6月1日現在、県内での新型コロナ感染は落ち着いている状況ですが本感染症においては、無症候感染が8割前後いることが分かってきています。
今後、第2・第3波が来る可能性も高く、引き続き警戒を要します。

以上のことより、発熱・感冒症状のある患者様の診療におきましては今まで同様に感染リスクを軽減するための対応をさせていただきます。
発熱・感冒症状の患者様の診療におきましては、以下のようにさせていただきます。


1. 原則、事前に電話で状態報告をしていただく。
2. 診療は原則、12時~13時の感染症外来の時間に実施する。
3. 検温、問診等は院外(車内、第2診察室など)で実施する。
4. 診療は原則、別棟の第2診察室で実施する。
5. 診療にあたっては、医師・看護師はマスク、フェースシールド
さらに必要に応じては、エプロン、手袋を着用させていただく。
6. 必要な処置、処方終了後は、会計を車内、第2診察室で行う。
7. 速やかに自宅に帰り、療養していただく。
8. その後、必要に応じて電話診療で経過観察を行う
  (電話再診となります)。
9. 新型コロナ感染症疑いの場合、PCR検査を速やかに検討・実施する。

以上の通りに診療、指導させていただきます。

 

また、患者様はもちろん、ご家族の方におきましても、患者様が発熱を有するなど、新型コロナ感染が否定できない状況の場合は、可能な限り自宅待機をお願いしております。
また、当院は、上記診療にあたり、発熱・感冒症状ある患者様におきましては院内トリアージを実施しております。そのため、院内トリアージ料も算定しております。
ご不便をおかけするところも多々ありますが以上の旨、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

令和2年6月1日

江部医院

 戻る
ページの先頭へ移動